生駒市デジタルミュージアム 最終更新日:2015年09月30日
デジタルミュージアムトップへ サイトマップへ 生駒市ホームページへ  
宝山寺地蔵菩薩立像 施設トップへ
じぞうぼさつりゅうぞうの写真 じぞうぼさつりゅうぞうの写真
じぞうぼさつりゅうぞうの写真
じぞうぼさつりゅうぞう左側面の写真
  ▲写真をクリックすると拡大画像が別窓で開きます。
地蔵菩薩立像
〔じぞうぼさつりゅうぞう〕
像高42.9cm  寄木造  彩色  金泥〔きんでい〕  截金〔きりかね〕  江戸時代  宝永6年(1709)12月7日作  厨子入
  聖観音菩薩〔しょうかんのんぼさつ〕、不動明王〔ふどうみょうおう〕とともに東山天皇念持〔ねんじ〕仏として造像されました。工芸品的な精緻な作品です。光背金泥銘には「宝山湛海自作」と記されていますが、湛海律師〔たんかいりつし〕はこの時81歳という高齢のため実際の造像は仏師によるものと考えられています。
FLASHムービーを見る
上のボタンをクリックすると、別窓が開き、FLASHムービーで多くの画像を見ることができます。
FLASHムービーを見るためには、ブロードバンド環境でごらんいただくことをおすすめします。
getflashplayer
FLASHファイルの動画や画像をご覧いただくには
FLASHPLAYERが必要です
(C) IKOMA CITY ALL RIGHT RESERVED.